カネノナルキの葉っぱが黒くなり、紅葉した……花丸くんさんの日記

MENU
使い方
スポンサードリンク

「カネノナルキの葉っぱが黒くなり、紅葉した」

投稿2018/04/16
花丸くん


金なる木に黒いシミみたいのが出来て葉っぱが赤く紅葉してきました。水のやりすぎもあるかなと思い、外に出して日光に当てていましたが、それから葉っぱがぷよぷよになり、またまた元気が無いように思います。葉の先には新芽も出て来ているので大丈夫な気もします。
このような場合は根グサリしているのでしょうか?
掘り起こして植え替えと紅葉した葉っぱや黒い葉っぱはどうしたら良いのでしょうか?


葉っぱが赤いのはおそらく寒さに当たったから。これは健康的反応です。
黒いのは、なんとも言えないんですが葉焼けじゃないんでしょうか。
私の言っていることは矛盾している!のですが、今年の3月下旬から4月上旬は、昼夜の温度差が激しくて、この矛盾した症状を引き起こすのもありうるかなと。日中はまさに春といった具合の20度以上、でも明け方はまだまだ冬の5度以下という日もある。5度の寒さに当たって紅葉し、春の強い日差しを受けて葉焼けした。十分ありうる。
特に冬の間、室内で管理していてあまり日光に当たっていないと簡単に葉焼けします。で、投稿者さんは変化に驚いて戸外に出した。で、戸外でかなり寒い風にあたったのではないか?と。それでプヨプヨになった。というのが私の推理です。

新芽が出るということは根が動いているということ(根が成長しているという意味)ですから、復活すると思います。天気予報を見て最低気温が10度以上の日だけ、まずは戸外の明るい日陰で管理しましょう。そこで二週間管理したら次は半日陰で二週間、で、最後に日向で管理します。
スポンサードリンク

マイメニュー

   

他の日記

>>>>このユーザーの日記一覧
スポンサードリンク