石化について 石化エニシダ・石化ヤナギとケイトウ……花丸くんさんの日記

MENU
使い方
スポンサードリンク

「石化について 石化エニシダ・石化ヤナギとケイトウ」

投稿2011/11/23
花丸くん


生け花をしていると「石化エニシダ」とか「石化ヤナギ」という材料を見かけます。

石化ってなんなんでしょう。別に石になっているわけでもないのに。

植物には生長点と言われる「生長しているところ」があります。通常は植物のつるの先です。この生長点が何らかの理由で複数個所に現れたものを園芸では「石化」と呼びます。植物学では「帯化」です。

原因は突然変異、いうなれば奇形です。エニシダなどのほかに「ケイトウ」もちょっと見た感じが違いますが、石化です。

ケイトウは本来、シュっとした筆のような花を咲かせます。これが石化して、鶏のトサカのような…例のあの妙な花の形になったのです。しかも、石化が遺伝的に固定されています。これは人間が選別して固定してったのではないかな?と思うのですが、どうなのでしょうか。

それでは、また。
スポンサードリンク

マイメニュー

   

他の日記

2011年11月24日
貝殻虫とアリ
2011年11月23日
披露宴の由来や歴史
>>>>このユーザーの日記一覧
スポンサードリンク